前へ
次へ

アレルギーでも食べられる量までは食べてOK

たとえば鶏卵や小麦のアレルギーがある場合、アレルゲンの食物は全く食べてはいけないと誤解している人がいます。
しかし、アレルギーと言っても小量なら症状が出ないものもあるので、完全除去する必要はありません。
むしろ、食べられる量までは積極的に摂取することが大切です。
医師の診断のもと、無理なく食べられる量を把握しておきましょう。
また、子どものアレルギーは小学校入学頃までに治ることが多いです。
いつまでたってもアレルゲンの食物を除去した食生活を続けているとバランスも悪くなるので、定期的に医師の診断を受けて食べられるものの範囲や量を確認します。
また、「鶏卵がダメだから牛乳も一応やめておこう」「小麦粉がアレルゲンだから念のため蕎麦もやめさせよう」など、母親の勝手な判断で食物を制限するのはNGです。
もし症状が出たらと不安になるのも当然ですが、これを食べたら症状が出る、と特定されたものだけを制限し、素人判断での除去食はやめましょう。

Page Top